プロフィール

あきら

Author:あきら
富山県在住、
かのこは今3歳の秋田犬♪
1歳半で若年性白内障克服して、
今日も元気です!

最近のコメント
最近の記事
更新したの誰かしら?
RSSフィード

少し真面目な話

犬を飼っているわけですが、現在で26キロの小町は多分年取ればもう少し増えて30キロくらいになるかな? と想像しています。
父犬37キロ母犬33キロな訳ですし。
小型犬が主流になっている現在、20キロオーバーの犬は全体の数からしたらかなり少ないわけですよね。
レトリバー系が頑張ってくれてますが、それでも全体の数からしたらたかが知れています。
まして小町は日本犬、さらにマイナスイメージもある秋田犬。
「わ、おっきい犬…っ」みたいな感じで引かれる事が多いです。
そんな事は飼う前から解っていた事なので、やってはいけない事をした時は小町が震える位厳しくして育てました。

ですがどうしても私が小町に対して甘い所があるので、興奮した時の甘噛みと散歩時のひっぱりが矯正出来ていません。
甘噛みに関しては一時ノイローゼ気味になるほど悩んでいたのですが、
月齢が上がるたびに減ってきたし、今は大体どんな時にするのか分かっているので長い目で直そうと思っています。
皮膚が傷つくような事はないのですが、あむあむと噛む事もしないにこした事はありません。
直そうと思っていますが、思って直るものでもありません。

うちに遊びに来る友達はその事をよく知っているし、甘噛みしたら私が口出さなくても本人が勝手に叱るので安心。
ただ、やっぱり犬の口に手が入るっていうのは相当ショックが大きい事です。
だから基本的によっぽどじゃないと外で人には触らせないし、触って貰う時はその点よく理解していただいた上でお願いしています。
秋田犬の事件が続けてありましたしね、何かあったら本当に怖い。
人に接触させる事に慎重になっているので、触りたい・撫でたいと言われてもお断りする事はあります。
理想は誰にでも撫でてもらえる犬なのは言うまでもありませんが、そうそう上手い事は行きません。
というか、私がそう上手く立ち回れません。

まずは子供だけの場合。
子供は集団になると普段はしないような行動にも出ますし、お断りが無難。
どこまでが子供? と言われると困りますが。
それから親御さんが傍にいるのに、子供だけで撫でに来た場合もお断りしてます。
その後親御さんと一緒に再度来た場合も。
本音を言えば小町は子供大好きだし撫でて貰いたいのですが…。
大型犬の事件がちょくちょくある中、子供だけで撫でに寄越すとかそんな危機管理に甘いおうちの子は私が嫌。

それからいきなり撫でようとして来る人。
いきなりなんですか? 触らないでください。…を、若干オブラートに包んでます。
とても不思議なのですが、何故自分の行動の全てが人に許されると思っているのでしょう。
自分のうちの子なら何も問題ないのでしょうが、小町は私の子。
真っ赤な他人なのだから「撫でていいですか?」くらいの礼儀を求めたい私は我侭なのかな?
そういう人に限って制止されると舌打ちしたり、捨て台詞言ったりするので不思議です。

あとこれは絶対お断り! なのですが「噛みますか?」って聞く人。
私が小町の甘噛みに神経質になりすぎているのかもしれません。
けど、それを差し引いてもどういう意味で初対面の人間に対してそんな事聞けるのか理解出来ません。
私のオブラートにだって在庫はあるので、これははっきり言ってしまいます。
いきなり失礼な事聞きますね?
↑を直球でぶつければこっちがムッとしているのは解る人が殆どなので大抵引いてくれます。

やっぱりいくら可愛くても人を傷つける事が出来る動物なわけですよね、犬って。
実際怪我以上の事件もある訳ですが、それはちょっとここでは話題にしたくない。
その事を考えると、慎重にならざるを得ません。
口が裂けても「うちの子は大丈夫」とか根拠のない事言えません。
飼い主が勝手に「大丈夫だと思う」事は自由ですが、状況や条件によって万が一なんて幾らでもあるはず。
小町は幸い「大人しいね」と言われる事が多いです。
確かに大人しいです、基本吠えないし概ね聞き分けるし。
けどやっぱり例外があって、普通は素通りできるのに散歩中に会う1匹の犬にだけは凄く吠えます。
参加中ランキング
にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
いくつになったの ver2
カテゴリー
ユーザータグ

かのこ 体重測定 犬連れ(県内) 犬連れ(県外) 旅行 美味しい事 皮膚トラブル ドッグラン 白内障 展覧会 シャンプー 動画 

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ