プロフィール

あきら

Author:あきら
富山県在住、
かのこは今3歳の秋田犬♪
1歳半で若年性白内障克服して、
今日も元気です!

最近のコメント
最近の記事
更新したの誰かしら?
RSSフィード

あ~可愛いなぁと思う事

小町を可愛いなぁって思う瞬間は結構あるんです。
こっち見てるだけで可愛いなぁって思う。
玄関でごろーんって伸びて寝てるだけで可愛いし、水飲んでるだけで正直可愛い(笑)

けど私が作って上げたおもちゃ(綱を結んだおもちゃは消耗品だから手作りしてる)を小町が自分のお布団に大事に持って行って、そのおもちゃと一緒に寝てるトコ見ると「あぁ…っ、可愛いなぁ…っ!!」って思う。
それで遊ぶと私が喜ぶから、だから小町はもしかしたらその綱のおもちゃでよく遊ぶのかもしれないけど。
親バカっていうより私はバカ親(笑)
でもホント可愛い。

めんこい

そんな訳で、私に迷惑なほど溺愛されながら小町は4/15で2歳になりました。
2歳のでっかい赤ちゃんです。
あーもう、もう可愛いなぁ…。

事故・事件を起こす代名詞のように秋田犬は出てくるので、「万が一」がないようかなり厳しく育てたつもりです。
けど小町はひねる事もなくよく吸収してくれました。
現代の秋田犬は距離感さえ間違えなければ本当になつっこい性質を持ってます。
なつっこい性質を持ってるというのは、この2年小町を育てて、それからこの間秋田犬を4頭飼ってる家に遊びに行って思った事です。
かといって「なつっこいのか、じゃあ安心だ!」って安易な判断で飼える犬でもないとは思いますが。

どんな犬種もそうかもしれないけど、なつっこい性質と獰猛な野生を併せ持っていると思います。
どちらの感情もむき出しだから、飼い主がどちらを育てる事が出来るかによって、その子の人生(犬正?)がかかってくるのじゃないのかな?

だから秋田犬(大型犬)は獰猛! 噛む! とか紋切り型ではなく、飼育者の「育て方」と接した人の「接し方」が大事だなといつも思います。
飼育者が気をつけるのは大前提の当たり前。
けど接する人もむやみに怖がるだけでなく、適切な距離と行動を保って欲しいです。

と、2010年、飼い主の主張でした(笑)

自転車の練習

記事を下書きとして一時保存する機能がブログにあるのですが、最近やたらその下書き状態が溜まって行きます。
テレビ見てどうしたとか、階段から落ちて尾てい骨痛いとか、犬の散歩中にヤな事あったとか。
なんかでも書いてる途中で「これ愚痴じゃない?」みたいな感じになって、気がつけば愚痴だから取りとめもなく長文だったりして。
散々長く書いたから消すのはー…勿体無いかな、でもこれ面白くないでしょう、って事で下書き保存。
が、たくさんあります(笑)
起承転結! とかオチ! とかそういう事を考えてるわけじゃないんですけどね。
あんまり長い文章で愚痴とか書いてると、自分自身に何だかなぁ、と思ってしまいます。
UPはしてないにしろ。

で、愚痴じゃない話。

最近自転車の練習をしています。
しています、と言っても流石に私だって自転車くらいは乗れます(笑)
自転車の練習をしていますって紛らわしい言い方ですが、正確に言えば「自転車に併走で散歩する練習を小町がしています」です。
小町はいい子? 悪い子? と聞かれれば紛れもなく自信持っていい子! と言えますが、出来ない事はあります。
その中で最も出来ない事が、「お散歩の時引っ張らない」という事です。
どーーーうしても出来ないんですよね、横について歩く事が。
一歩前に出て引っ張らないで歩ければいいのですが、正直白状するとそれも出来ない(笑)
私がリードを持つと少し歩けばある程度落ち着いてくるのですが、母が持つと最初から最後まで無茶苦茶引っ張るそうです。
私が持っていても、例えば旅行先とか初めて歩く場所だとかなり引きます。

その引張りが心配だったので今まで自転車での散歩はしていなかったのですが、広い場所で走らせてあげるにもなかなか難しい。
散歩コースを自転車で走れれば一番いいかな? と思ってとりあえず練習始めてみる事にしました。
一度家の前の道路で練習して最初はちょっと並走とか難しかったんですが、飲み込みは結構悪くなかったので翌日から自転車での散歩を追加しました。

今までどおりの徒歩の散歩の後、同じコースを自転車でもう一周。
とろとろ歩いての散歩も小町の気晴らしにはなっていると思うし。
小町が小走り程度の速度で自転車走るので、そう速いスピードではないです。
が。
小町は人が好きで犬が好きで鳥が好きで物音が鳴ってるのが好きで…ようは好奇心の塊。
すずめとか、田んぼにいたりするといっきにダッシュかけられたりする事があるので「小町だめえええええ!」と大声で叫びながら田舎道疾走する事になります(笑)
車がね、来ないって解ってる道だからいんですけど、それが正直結構なスピードで…。
幸い、引っ張りはするんですが「待って!」て言うとすんなり停止するので、自転車ごと転んだりする事はない…と思う。
人・犬・烏・鴨・雉・カモメ・白鷺…くらいはまぁ遠くからでも私だって目視できるからいんですけど、スズメとかそういう小さな鳥は近くに来てから「いたのね!?」ってなるのでびっくりします。
こまは遠くから気がついてるみたいですけど。

小走りしつつたまに猛ダッシュしたり…って事をしてると、大体散歩コースの4/5あたりで小町はばててきます。
ようは「トマレ」と合図してきます。
人がペダル踏んでるのに、その足首を甘噛みしてきます。あむあむと。
止まった途端に座ってそのまま伏せ。
で、なだめてもすかしてもそのまま10分くらいは絶対動きません(笑)
だから足噛まれようが何しようが休憩出来そうなスペースあるところまでは恨みがましい目で見られながら自転車を止めません。
小町抱えて自転車引きずってとか絶対無理ですもん。
その「もうげんかーい」ってところが日によって違うので、せめて車のいないところでバテるように調節してくれればいいのになぁ…(笑)

そういえば冬中出来なかったのですが、3月の末くらいにようやっと小町のシャンプー出来ました。
風邪ひくんですよね、冬にシャンプーすると。
↓はシャンプー後の日向ぼっこ。

てれーん

1時間半くらいシャンプーにかかって、その後の日向ぼっこは超脱力です。
自分じゃ何もしなくってよくって、人が洗ってくれるんだからこんなに楽なお風呂はないじゃない!
と、洗う人の私は思いますが小町本人は凄く緊張しちゃうみたいです。
お風呂場入る時最高に嫌がるし。
洗うほうは結構な重労働なので、ちょーっとくらいは協力してくれたっていいじゃないと思いますが、そうなる日は遠そうです(笑)
参加中ランキング
にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
いくつになったの ver2
カテゴリー
ユーザータグ

かのこ 体重測定 犬連れ(県内) 犬連れ(県外) 旅行 美味しい事 皮膚トラブル ドッグラン 白内障 展覧会 シャンプー 動画 

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ